敏感肌をなんとかしたい!

敏感肌の予防。それは保湿とターンオーバーを整えることです! - 敏感肌をなんとかしたい!

敏感肌をなんとかしたい! > 敏感肌の予防

敏感肌の予防。それは保湿とターンオーバーを整えることです!

敏感肌で悩んでいる人はたくさんいますが、歳や体質だから仕方がないと諦めていませんか。
敏感肌はきちんと保湿してあげることで予防できるのです。
裏返して言えば、敏感肌の大敵は肌の乾燥なのです。
私たちは日常生活で知らず知らずのうちに乾燥肌を招く間違いを犯しているかもしれません。

例えば入浴です。
よく、ナイロンタオルなどでゴシゴシと身体を洗わないと、きれいになった気がしないという人がいますが、これは間違いです。
角質層を傷つけることになり、保湿成分であるセラミドなどが流出してしまいます。
やわらかいスポンジや手のひらでやさしく洗ってください。
また、クレンジングクリームはふき取るタイプではなく洗い流すタイプのものを使ってください。
お湯の温度も熱すぎるのは禁物です。
熱いお湯に長時間入浴していると、保湿成分がお湯に溶け出てしまうので、乾燥肌を進行させます。
38~40℃のぬるめのお湯がおススメです。
入浴後のお手入れも大切です。
お風呂上りの肌は皮脂膜が取れた状態なので、乾燥の危険性が潜んでいます。
すぐにセラミドなどを含むボディミルクなどで保湿するようにしてください。

敏感肌の予防では角質層の水分量がキーポイントとなります。
その約50%を占めるのがセラミドなどの角質細胞間脂質なので、セラミドをたくさん含んだ基礎化粧品を選ぶことを心がけてください。
ここで忘れてはならないのが、肌のターンオーバーを整えることです。
ターンオーバーとは肌細胞の生まれ変わりのこと。
健康な肌は約6週間の時間をかけて新しい細胞に入れ替わっていきます。
肌のターンオーバーが整うまで、潤い成分を含んだ基礎化粧品を継続して使い続けることが肝心です。

top